やっとできましたよ~!

 

円空流で指導公開した雲手拳をYou Tubeに限定公開することができました。

雲手拳と名付けていますが、あくまで円空流内での呼称であり造語ですので、中国拳法にも太極拳にもこれらの名称はありません

皮膚感覚を高めるのに大変効果があるため、私が教わった太極拳の一部をこのブログを見ている方や、動画登録をされた方を対象に公開しています。

 


剣術や棒術で、剣や棒が合わさった箇所から手に伝わる感覚で相手の動きを察知するのにたいへん役に立つと同時に、腰や肩のウネリを身につけることが出来るのです。

円空流では、中国拳法や太極拳を教えることはありませんが、その動きを剣術や棒術、柔術の中で利用できる範囲で指導しているのです。

太極拳を身につけるには、多くの日数と努力が必要であり、64歳を迎える私には指導できる時間はありません。

よって、一部の動きだけを指導することにしたのです。

雲手拳の動きは、詠春拳と間違えられますが、詠春拳のように肘のローリングはなく、綿のように軽く触れ合う中で皮膚感覚を研ぎ澄ませ攻防を行うものです。

相手の動きを封じたり、顔を張ったり、腹部や胸への掌底打ちを行います。

簡単な動きを紹介していますし、単手や双対手、双撃手、雲手拳なども公開していますので参考にしてください。