スポンサーリンク
常陸の国伝承 円空流柔術 Vol10 | 茨城県常陸太田市に個人伝承されていた棒術を、大正初期に新たに編纂した武道です。
茨城県常陸太田市に個人伝承されていた棒術を、大正初期に新たに編纂した武道です。

最近のコメント

最近の投稿

ブログ

スケジュール日程確定しました。

スポンサーリンク 夏も終わり、もう9月です   早いものですね、もう9月ですが、残暑厳しくなかなか涼しくなってくれません。 それでも稽古は毎回行われています、長年続いている稽古ですから多分出来ているのだろうと思 …

腰切り棒術裏手合の動画を公開しました

本日、裏手合を公開しました。 久しぶりに円空流腰切り棒術の動画を一般公開しました。 表手合に対して裏手合は相手の裏、つまり外側に入る技が主体となっています。 また座り技や振り回し技なども多彩ですが、相手を倒す、または体当 …

長棒術の扱いとは?

スポンサーリンク 長棒術は引手が早くなければ扱えない! 円空流で行う長棒術について、他流では棒術や六尺棒などと称しますが、当流では錫杖術の流れから長棒術と呼称しています。 それぞれに特徴、違いは多々あると思いますが、そこ …

昨日は柔術の稽古でした。

スポンサーリンク 日本少林寺拳法の道院長と久しぶりの対談 円空流では夜間の練習を久しぶりにはじめました。 過去にはすべて夜間稽古でしたが、私の仕事の都合もあり、昼間の稽古主体となっていましたが、今月から試験的に月1だけで …

剣を鞘成りに抜く難しさとは。

スポンサーリンク 音無しに抜く意味と難しさを考える 抜刀勢法について 先ず考えなくてはならないのが「なぜ抜刀するのか?」という事です。 抜刀・居合を行っている剣術家は、ただ漠然と抜刀する訳では無いと言う事です。 もし、理 …

スポンサーリンク
PAGETOP
Copyright © 常陸の国伝承 円空流柔術 Vol10 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.